さよなら櫻

叶わない恋ならば 想いは風吹く櫻

ひらりひらひら 宙(そら)を舞う

人は人に委ね さみしさかくす

人の夢と詠(うた)い 儚さを知る

さくら さよなら櫻

真冬の空に咲いて

季節に背いた 花になる

想い出という川は だれもの躰に流れ

ゆらりゆらゆら 舟を漕ぐ

嘘に嘘をかさね 強くもなれる

口が虚しいなんて 笑われていい

さくら さよなら櫻

ふたたび春に咲いて

陽だまり似合える 花になれ

さくら さよなら櫻

ふたたび春に咲いて

陽だまり似合える 花になれ

さくら さよなら櫻

さくら ふたりは櫻

氷抱いてもあたたかい

やすらぎ背いた 花になる