赤と青のかき氷

真夏の夜の夢

君と過ごしたあの日から

なんだか上手く眠れなくて

惚れ薬より君を嫌いになる薬が欲しい

海風ですぐ消える花火

砂浜に打ち上がった魚

流れ着いたどっかの小枝

全部、全部、思い出だった

赤と青のかき氷

君はきっと、今しかいない

赤と青のかき氷

言いたいけれど溶けていった

真夏の夜の夢

あの人と結ばれないと

君は生きていけないの?

ハッピーエンドのはずだけど

君にとっての幸せってなんだろう

歩きながら飲んだチューハイ

着崩れし始めた浴衣

買えなかったりんご飴

全部、全部、思い出だった

赤と青のかき氷

君はきっと、今しかいない

赤と青のかき氷

触れたいけれど溶けていった

君に言った言葉は

海に消されて 流されて

今じゃなければ

君はいなくならなかったのかな

そんな事 考えながら

溶けたかき氷 飲み干した