耳鳴り

もう吐きそうなんだ

腐りきった声 耳塞いだ

ドロドロの思考から出た

クリミナルなそれを掴んで離さない

鼻につく香りに 頭を叩かれそうな夜だ

零れてしまいそうだ

脳味噌の海に溺れ 真っ暗な空に足掻く

プライドに足を掴まれては滑稽(笑)

不安になって また彼に慰めを

愛無しでは居られない

心揺らして揺らして揺らしてよ もっと

揺らしてよ もっと

繰り返し またあの耳鳴りが

飢えた眼から光が見えたのは どうして

間違いだらけな人生だから 手を汚すのさ

将来 きっと自分が罪の果実を

吐いても尚 止まらない

雨降らせて降らせて降らせてよ もっと

降らせてよ もっと

繰り返し あの耳鳴りが

怠惰怠惰怠惰の振り切り/毎夜嫉妬に酔う才人/食べ放題のそれ頂戴/

二兎追い三兎目を踏む/奢れる者の棲む楽園/

袋小路の色情痴/昇天からの怒髪衝天

もう吐きそうなんだ

腐りきった声 耳塞いだ

ドロドロの思考から出た

クリミナルなそれを掴んで離さない

不安になって また彼に慰めを

愛無しでは居られない

心揺らして揺らして揺らしてよ もっと

揺らしてよ もっと

繰り返し またあの耳鳴りが