sun shade

愛は曖昧 日に日に未知なもの

足の小指だけにネイル

私たちだけのおまもり

しらない言葉じゃないと

言えないと思ってた気持ち

ひとつひとつひらいてたら

ほんとはすごくシンプルだった

溶けたいなつのひかり

手をつなげず触れる手首

肩を抱きしめたいよ

見たでしょ?傷を

靴下を脱いでは確かめ合うのさ

朝はきらい ただただ息苦しい

だから行こう はげたネイル

私たちだけがいる街へ

手帳の端の路線図

指差した駅に行こう

怒られるかな よぎったけど

本音はわくわくしてるんだ

溶けないなつのひかり

気が触れそうなほどに欲しい心

抱きしめていた

見せてよ 傷を

薄いキャミの下で今何を考えてるの

眠りたいけれど目を閉じれない

瞬きのたびに苦しくなる

待っていた夏が通り過ぎる

この瞬間に栞をはさむ

溶けたなつのひかり

誰にも言えないことはずっと覚えているものね

恋してた夏に

1番好きな街で 1番好きな歌声を聞いたよ

影と生きていくんだ