陽だまり

きっとそばにいすぎて

当たり前になってた

笑ってる思い出の隣に

いつもあなたがいる

ずっと同じ景色を

見てたから分かるの

世界さえ変わっても

あなたは変わらない

不安だった道だって

一緒にいれば

なぜか怖くなくて

ねえ まだ

この気持ち 名前とか つけられないけれど

ただ あなただけ 違うって それだけは分かるよ

だって 思い出している

また あなたの言葉を

どんなことあったって歩き出せる理由

そう 大丈夫 大丈夫 あなたを信じてる

あなたがいるなら そこが陽だまり

最初に会った日には

想像もしなかった

凸凹の性格って

なぜか気が合うよね

心ぽかぽかする

優しい光

あなたがくれたんだ

ねえ ただ

なにげなく なにげなく そばにいてくれたら

そして 下らない 話して 笑い合えるのなら

ああ それだけで充分

もう 何もいらないよ

どんなことあったって嫌いになんてならない

そう 大丈夫 大丈夫 あなたがあなたなら

何も言わなくたって 通じ合うよ

他の誰でもなく

あなたじゃなくちゃ…

ねえ もし

悲しさや 苦しさで あなたが辛い時

ちゃんと あったかく やわらかく 包み込めるように

もっと 強くなるからね

もっと 頼りにしてよね

変わらずに 壊れずに そばにいられるのは

そう 当たり前なんかじゃない 奇跡のようなこと

この 想い忘れずに

ずっと あなたと過ごしたい

どんなことあったって歩き出せる理由

そう 大丈夫 大丈夫 あなたを信じてる

あなたがいるから ここが陽だまり

消えない陽だまり