ラフレシア

汚い汚い この街全部

汚い汚いモノで溢れている

汚い汚い 僕は特別

汚い汚い彼奴等とは違う

汚い汚い 誰も知らない

汚い汚い心の奥底を

僕は僕は 僕さえも知らない

僕を 君は暴こうとしている

触らないでくれよ 甘い香り

月が膨らんだ夜に 手を繋いだ怪獣は

番でもないのに身を寄せ合い

傷を舐め合うだけ 汚し合うだけ

土足で踏み荒らした

花壇には人一倍大きなラフレシアが咲く

たった一度血迷っただけ

抜け出す為に近道をしただけ

理解し難い言葉の酒に

年甲斐も無く 唯酔っていただけ

最低な僕を 認めないで

月が萎んでいく朝に 独り鳴いた怪獣は

明日の約束さえ待てず

涎垂れ流し 剥き出し

本当の僕は

罪悪感など無い

君が眼鏡を外して微笑んでくれるのならば

天使と悪魔は囁いた

普通の幸せもあるよ と

けれど一生後悔するくらいなら

その手を取ればいい と

どうして追ってしまうんだ 何も映さない瞳

汚いこの街で 唯一

僕の本音を認めてくれた君を

僕は君を

月が膨らんだ夜に 手を繋いだ怪獣は

番でもないのに身を寄せ合い

傷を舐め合うだけ 汚し合うだけ

土足で踏み荒らした

花壇には人一倍大きなラフレシアが咲く