天高く響け 青嵐の様に

鮮やかに散りばめるヒトヒラ

風に舞い酔い濡れるトコヤミ

一瞬の逢瀬さえ許してはくれなかったね

嗚呼 見事に咲く真紅にも終わりが

あることを知っていたんでしょう

この目に(この腕に) 見えるのは(抱くのは)

綺麗なモノばかりじゃないけれど

振り返り(其処にある) 築いたのは(気付いたのは)

焼き切れない春の日

天高く響け 青嵐の様に

目まぐるしくうつる世は まるで流星群

置いていかないよ 少し眠るだけ

この手は一生離さない

あの日見た強烈なヒカリも

楽しげに笑い合うキオクも

今はただ微睡(まどろみ)の中で温もり探すだけ

足元に媚びて這いずる痛みが

あることを知っていたんでしょう

一人では(お互いに) 出来ないこと(高め合う)

護りたいと思うこの気持ちが

弱音さえ(傷痕も) 言えないくらい(癒えないくらい)

強く盛る灯火

優しく轟け 爽籟(そうらい) の様に

呪いを宿す人惑わしの金木犀

掻き集めてきた憎しみも今は

大海原を漂っている

この目に 見えるのは

綺麗なモノばかりじゃないけれど

首落ちて鳴く椿を

抱いて泣いた冬の日

天高く響け 青嵐の様に

目まぐるしくうつる世はまるで流星群

置いていかないよ 少し眠るだけ

閉じる瞼を見送ったまま

この手は一生離さない