ハッピーエンドへの期待は

「残酷だったなぁ人生は」思っていたより

いま君に会って思いきり泣いてみたい

終わりは何も告げず始まった

朝が来ない部屋で燃やした恋も

このプライドや劣等じゃ闘えないと知る

どのくらいの無鉄砲が僕らには似合う?

また君のいない季節へ

「残酷だったなぁ人生は」思っていたより

いま君に会って思いきり泣いてみたい

どうにかなるはずさ どうにかなるはずさ

どうにもならなかった僕らの日々に名前は付けないで

思い出になるほど綺麗じゃないから

背広が似合わないと肩叩き笑い合った

あいつの猫背が急に恋しいぜ

「散々なんだよな人生は」わかっちゃいたけど

いまお前に会って話したいな 話したいよ

井の頭の夕陽は僕らの影を掴む

大人になりそびれた哀れな影たちを

終わりは何も告げず始まった

もう君のいない季節も選んでよかったとおもう

愛してるよ、ぜんぶ足りなかった毎日

どの夜のことを思い出してしまってもね

悲しくはないのだ

ハッピーエンドへの期待は捨てるなよ?どうか元気でね