バルーン

悲しい話ではなくなって

薄れてしまえばただの思い出

新しい私に期待をして

桜の消えた公園を通り過ぎる所で

体が軽くなって

前髪がふいになびいて

不思議な香りがしたよ

騒がしい心に息を吹き込んで

悩みはしぼんでいけ

やるせない時間も今に追い抜いて

光が強い方を向いて

全部全部笑い飛ばせなくても

小さな愛は見逃したくないや

眩しい陽射しが叩き起こして

どうやら眠りにはつけたみたいで

昨日を受け入れられないでいる私と

それでも過ごさないといけない一日

逆さまに落っこちて

眠るまで目を閉じて

同じ場面を思い返して

台詞が変わったって

終わりは変わらないね

涙乾いても泣いている

騒がしい心に息を吹き込んで

悩みはしぼんでいけ

やるせない時間も今に追い抜いて

光が強い方へそして

馬鹿だなんて笑いたくなる程に

小さな愛は見逃したくないや

悲しい話ではなくなって

薄れてしまえばただの思い出

新しい私あらこんにちは

颯爽と歩く歩幅はそのまんま