2月26日

写真の中 微笑んでる若い髪の君の顔は

今にもすぐ手が届きそうなぐらいで

ただ 優しすぎて遠いよ

どんな夢見ていたんだろう

どんな青春を過ごしたんだろう

そんなこと 何ひとつ残さないで

記憶の中 こっちを見てる陽だまりの君の顔は

ほんの少しだけ寂しそうに笑って

ただ 静かすぎて遠いよ

どんな理想持ってたんだろう

どんな革命に敗れたんだろう

信じたこと 挫けたこと 残さないで

布団の中 黙ったまま旅に出た君の顔は

眠るように いや 夜明けの海のように

ただ 冷たすぎて遠いよ

もう一度会えたって

どんな話もできないよな

くもり空と背骨の匂い それだけで