夕立

昨日まで聞こえていた蝉の声が

鈴虫になっては消えて行ったりした

あなたには何か足りないと

繰り返す僕はまた余計なものを手に取る

昨日まで聞こえていた蝉の声が

鈴虫になっては消えて行ったりした

あなたには何か足りないと

繰り返す僕はまた余計なものを

突然の夕立予報に無いのに

今年はあなたのくれた夏をひとりで探そうか

だけど知らないあなたの夢を見る

わがままなだけでしょうか?

まだあなたに会いたいよ

夏は好きさって、知らないか

あなただって夏のせいにするのでしょう

2人を閉じ込めていたその氷は

僕と一緒に溶けていったりした

姿を追いかけてはあなたのこと

消えてしまいそうだと焼き付けて

ずっと手を繋いで

笑っていたかった

あの日のバスが来るのをもっと待っていたかった

僕は要らない

あなたの居ない景色なら

要らないよ

あの手は無理やり僕が繋いでいただけだった

何もできなくて情けないな

好きだった

本当は嬉しかったよ

今年はあなたのくれた夏をひとりで探そうか

だけど知らないあなたの夢を見る

わがままなだけでしょうか?

まだあなたに会いたいよ

夏は過ぎ去って、知らないか

あなただって夏のせいにするのでしょう

昨日まで聞こえていた蝉の声が

鈴虫になっては消えて行ったりした

ずっと手を繋いで

笑っていたかった