アラライ

苦手なものくらい あるでしょう

受け入れられない ことも多々あるわ

私はタバコが嫌い お酒が好き

あなたはお酒が嫌い タバコが好き

選り取り見取りの 人の中で

どうして二人が 並んで

歩いてるのか不思議 分かり合えないのに

互いを想えば 思うほどに

あなたと私は 違うはずなのに

どうして ねぇどうして

夢を語る あなたの横顔に

恋をしました あの夜に

嫌いの数よりも 好きの数が

多くなっていたの

煙すら綺麗に見えて

不安な時くらい あるでしょう

ただでさえ違う 二人なんだから

すれ違う人ですら 疑わしい

隣のあなたですら 信じるのが難しい

言い訳も あなたが口にする

だけで なぜか綺麗に聞こえる

起きてしまったことよりも 必死に言葉ならべてる

姿が 愛しくて 胸を焦がす

ねぇミスター?歌ってよ

あの鼻歌を 「アラライ ラライラライ」

題名も わからない

あなたの歌を 「ルル トゥール ウウ」

あなたの歌うメロディーが

私のお酒の肴に代わるの

気が済むまで 日が昇るまで

ねぇミスター?歌ってよ

アラライ ラライラライ トゥール ウウ

Uuu

You are everything to me.

ねぇ聞いてるの?

選り取り見取りの 人の中で

あなたはわたしを 私はあなたを

選んだの

ねぇミスター?歌ってよ

あの鼻歌を 「アラライ ラライラライ」

題名も わからない

あなたの歌を 「ルル トゥール ウウ」

あなたの歌うメロディーが

私のお酒の肴に代わるの

気が済むまで 日が昇るまで

ねぇミスター?歌ってよ

ねぇミスター?気づいてよ

私の気持ち 「アラライ ラライラライ」

そんなんじゃ わからない

言葉に出して 「ルル トゥール ウウ」

あなたの歌うメロディーに

私の気持ちを少し乗せてるの

二人でいよう 明けない夜を

ねぇミスター?歌ってよ

I’m truly glad that I met you.

“It is clear,”“I’m sure he is.”

Come and sing for us.sing for us.

アラライ ラライラライ トゥール

嫌いの数よりも 好きの数が

多くなっていたの 愛したの

ねぇミスター?歌ってよ

ねぇミスター?歌ってよ

あの鼻歌を 「アラライ ラライラライ」

題名も わからない

あなたの歌を 「ルル トゥール ウウ」