ユメ ユメ ユメ (yume yume yume)

[AWESOME CITY CLUB「ユメ ユメ ユメ」歌詞]
なびく髪を気にしてる素ぶりの君を乗せて走る

片っぽのイヤホンに気をそらせてる「わたし生きている」 そう呟く君

聞こえないふりで問いかけた

夕焼けグラウンドに影が落ちるあぁ まだ神様 この時間を この高鳴りを

あともう少し あともう少しだけって望んでもいいでしょう?

叶わないのなら

今すぐ抱きしめてよ

いっそ未来ごと混ざってしまえばいい

ただ片っぽの幸せでいいの

君とならそう思えるから「君が好きな曲聴いて帰ろうよ」

連れないふりで問いかけた

季節外れの秋風が吹くあぁ まだ神様 この想いを このメロディーを

あともう少し あともう少しだけって望んでもいいでしょう?

叶うのならばありあわせの色じゃこの恋を伝えられないから

君のそばで 同じ空を見て 同じ夢を見る今すぐ抱きしめてよ

いっそ未来ごと混ざってしまえばいい

ただ片っぽの幸せでいいの

君とならそう思えるから

君とならそう思えるから