ラブ・クレッシェンド – 反射的スルー 歌詞

SHARE

春に着替えたショッピングモール
満車だった駐車場で待ってた時
何年かぶりに君を見かけて
僕はなぜだか下向いた
反射的…

あれから話してなかったね
かなり大胆なショートカットに意味はあるのか?

愛しさをスルーして 見送るだけさ
声を掛けても今さら始まらない
もしここで サヨナラを償えたとしたら
もっと深く傷つけてしまう
そんな気がするんだ

去年の夏はあっという間で
あの海へもそうあんまり行けなかった
陽灼けの跡も恋の甘さも
消えてしまった風の中
感傷的

二人は変わってしまったね
長い黒髪が好きだったって僕は気づいた

悲しみをスルーして ありふれた日々よ
ふいに切なく心がざわついてる
傷口の絆創膏 少しずつ剥がして
やっと痛み 忘れられたのに…
何を思い出した?

ルームミラーに映ってる懐かしい時間
もう二度とは追いかけられない
遠い場所へ 君はいなくなる

愛しさをスルーして 見送るだけさ
声を掛けても今さら始まらない
もしここで サヨナラを償えたとしたら
もっと深く傷つけてしまう
そんな気がするんだ

How do you rate these lyrics ?