サヨナラ模様

震えているのは

寒いからじゃないの解って

貴方から吹いて来る

冷たい風のせいなの

白い壁にはりついた

冬枯れ蔦のひび割れ模様

心の中にひろがって

言葉捜せない

俯く私に

時は待ってくれないけれど

このままじゃ帰れない

聞かせてほしいの「何故?」

風に吹かれて

「サヨナラ」が枯れ葉の道を

ころがり消えてゆく

涙に霞む私には行方捜せない

だから ねェねェねェねェ

抱いてョ いつもの グッバイ

言う時みたいに 抱き寄せて

たった一言で 別れ告げないで

だから ねェねェねェねェ

抱いてョ せめて温もりを

だから ねェねェねェねェ

抱いてョ いつもの グッバイ

言う時みたいに 抱き寄せて

たった一言で 別れ告げないで

だから ねェねェねェねェねェねェ

抱いてョ 背中向けないで

ねェねェねェねェねェねェねェねェ

抱いてョ せめて温もりを

ねェねェねェねェねェねェねェねェ

抱いてョ 背中向けないで