ロードイン

初めて会ったのも商店街だったね

きっとあの時すでに恋に落ちていたって

今になって思うよ

遅延する阪和線に少し待たされて

20時を少しだけ回り、始まる

「明日は休みだ!最強だ!」

教わったガリチューハイのおかわりをして

2軒目のワインの店で

すでにできあがる僕をいつも揶揄っていた

好みが合うと思った

「これ美味しいねん」って言っていた

ピスタチオの魔法にかかったんだきっと

いつまでも解けないな

離した手はさ

離しただけでさ

まだ見える所にある気がして

ばったり会わないかな

「やっぱり」とか言わないかな

君を思い

アーケードを歩くけど

風変わりな看板を横切って

千鳥足で手を繋いだ道をさ

君の家まで行こう

離した手はさ

離しただけでさ

まだ見える所にある気がして

ばったり会わないかな

「やっぱり」とか言わないかな

君を思い歩くけど

酔ったぐらいじゃあさ

埋まらないのは

お互い知ってるはずじゃないか

あの時つき合った小さな嘘を

許し合おうよ

ねぇ

また一緒に帰ろう