ネオンライト feat. 初音ミク

眩しいほどの街の灯り

夜の帳が落ちてゆく

夜空を覆うビルの群れに

星たちは影を潜めた

街の喧騒

耳を塞いだ

変わらない日々に

飲み込まれる

光と影

コントラストが

嘲笑うように見下ろす

孤独の中

彷徨い探した

今日とは違う明日を

街を照らしたネオンライト

鮮やかに光を放つ

あの頃の言葉も想いも

夜に溶けて消えていった

グラデーションみたいに

次第に色褪せていった

憧れだったこの景色は

僕には眩しすぎたんだ

いつからだろう

俯いていたのは

目に映る景色はもう

冷たいアスファルトだけ

雑踏の中

滲むメランコリー

見て見ぬ振りをした

変わったのは

この街ではなくて

僕の方みたいだ

街に煌めくネオンライト

艶やかな光を纏う

あの日流した涙はもう

夜に堕ちて消えていった

時計の針は

進み続ける

残酷なほど

純粋だった

美しかった

世界はいつしか

彩度を失っていた

変わりたいと

願い来たこの街は

確かに僕を変えた

街を照らしたネオンライト

鮮やかに光を放つ

あの頃の言葉も想いも

夜に溶けて消えていった

グラデーションみたいに

次第に色褪せていった

憧れだったこの景色は

僕には眩しすぎたんだ