友情の星

長いといえば長く

短いといえば短い

君と過ごした日々が おれの宝物

たとえ星になっても

今も胸に輝いている 一番星として

せめて夏の七夕(たなばた)の夜に

おれの酒の中に降(お)りてこい

夢かといえば夢で

現実(うつつ)かといえば現実(うつつ)で

君が残した歌が おれの宝物

ひとり酔えば 無情(むじょう)を

なげき唄(うた)い星を見つめて 昔をふり返る

せめて秋の名月(めいげつ)の夜に

おれの酒の中に降りてこい

せめて君が旅立った夜は

おれの酒の中に降りてこい