絶頂讃歌

ほとばしく香る君のその髪が

僕の心を踊らせたんです

靡くだけ 今は それだけで

この身 屈めますから

Midnight光線Darling

堪えきれぬ欲望に任せて

Midnight光線Darling

僕に仕える気になったら

願うは三度の絶頂を

胸の中で至る

今宵も僕らは繁栄の

ために愛を放つ

抗いの呟きとは裏腹に

身体は嬉しそうに動いたんです

この翼に輪を付けるかは

僕ら次第ですから

真面目ですかな

淫らですかな

Midnight光線Darling

愛と欲に純白を求めて

Midnight光線Darling

僕を拒む気になっても

願うは三度の絶頂を

胸の中で至る

零れる涙が飽和して

僕は今に果てる

その溢れた吐息の原因なんだって?

いったいどこからいったって?

ドキドキなんだって?

よろめく恐怖が原因なんだって?

それでも君ならいいんだって

さらに

願うは三度の絶頂を

胸の中で至る

今宵も僕らは繁栄の

ために愛をもっと費やしてよ

願うは三度の絶頂を

胸の中で至る

零れる涙が飽和して

僕は今に果てる