回想少女

飽きるほど振り返ってた 去年の夏

知らぬ間に使い捨ててた日々が 遠くで揺れてる

悔やんでみたって 足掻いてみたって

無いものは無いってわかってるんだ

なのに今日もまた上手く笑えないまま

器用になれないね

夕陽落ちてバイバイ今日に

先に明日へ走り出す 背中をただ見つめてた

足が痺れるほど立っていた

でももうそろそろ良いでしょ?

今 時が進むの

あなたがいるから 今未来が必要だと思えるんだ

何もなくしたくはない けど

あたしを呼んでる始まりの鐘が鳴る

広がる景色は「あの時」と少し違って見えた

間違えて壊れては 戻らない戻せない

大事なのは直す事じゃない そうでしょ?

夕陽落ちてバイバイ今日に

先に明日へ走り出す あなたをただ見つめてた

二度と巡らない空の下

偶然必然おりなして

今 あなたのもとへ

あなたがいるから 今全てが愛しいと思えるんだ

もう守れるよ 同じ過ちも逃げもしない

始まりの鐘が鳴る 広がる景色は「あの時」と少し違って見えた

転んでばかりの道を あなたが笑い飛ばした

巡らせた過去もあの言葉も愛しい日も置いていこう

何もなくさずに生きるのは無理なんだよ だから

「今」を笑ってくんだ その先の景色は「あの時」と違ってくるから