夜明け前 (Yoakemae)

[今市隆二「夜明け前(Yoakemae)」歌詞]
強まる雨足を 凌(しの)ぐ術がなくても

心もとないまま 過ごす夜(よ)が苦しくても見えない強さを信じて

果てなく思えても夜明け前の闇のむこう

伸ばした手のさきに あしたが待っている

目をそらす事もなく 立ち向かう力が

二度とない日々を 彩る強さの糧になっていく

だから今は瞳閉じて きっとだいじょうぶ

唸(うな)る風音(かざおと)に 足取りが揺らめいても

未来が見えなくて 過去に囚われていてもそんな風に人は 一歩ずつ

前に進んで行く夜明け前の闇のむこう

伸ばした手のさきに あしたが待っている

輝ける術をたずさえて 訪れる光が照らす度にきっと 見えるはず

今は涙で滲んでも 恐れないで

キミだから きっとだいじょうぶ今はただ 夢も未来も遠くに見える

いつか笑い合える日に

辿(たど)り着くからきっと…夜明け前の闇のむこう

何が待ち受けているかさえ不確かで

手を伸ばしてあしたを自ら掴む力が

二度とない日々を 彩る強さの糧になっていく

恐れないで キミだから きっとだいじょうぶキミだから きっとだいじょうぶ…