守られし里 ~縄文さむかわ~

日の出日の入り 太陽の道

夜空に輝く 満点の星

湧きいずる水 花は咲き乱れ

木々に鳥は集い 歌いつづける

すべての ものに 神は 宿る

河は流れてゆき 大海にそそぐ

守られし里 縄文さむかわ

彼方にそびゆる 神々の山

野山に戯れし 獣たち

幾千年と 住まいし民の

想いはなにも 変わりはしない

すべてを 包む 天の力よ

花は散った後に たわわに実をつける

守られし里 縄文さむかわ

すべての ものに 神は 宿る

河は流れてゆき 大海にそそぐ

守られし里 縄文さむかわ