恋ごころ

窓越しに入る 柔らかな日差しには

愛を語る優しさを ほのかに感じてしまう

机の上には 一輪の可憐花

生きる意味を諭(さと)す様に ただ静かに咲いている

あーあの人の 心惑わす花になり

あの涼しげな瞳さえ 乱せれば

思っても思っても 思い届かぬ恋ごころ

計算づくしの 恋をする人ならば

まるでドラマの偶然を 演じることも出来る

見分けのつかない 毎日が過ぎてゆく

明日もまた同じ様に 溜息を少しまぜて

あーあの人の 心安らぐ花になり

あー何も言わずに 見つめ合う事出来れば

望んでも望んでも 望み届かぬ恋ごころ

あーあの人の 心惑わす花になり

あの涼しげな瞳さえ 乱せれば

思っても思っても 思い届かぬ恋ごころ

思っても思っても 思い届かぬ恋ごころ