春霞

直ぐ傍で触れてる様で

不意に誰より遠くて

白黒つけない日々が

優しかったり 哀しかったり

君が欲しがる言葉を僕は

未だ分からずに居るけど

心が泣いて疲れる日くらいはさ

溢して欲しいよ

雨上がりの空が広がってる

この恋に落ちてはじめて

やり切れない気持ちも知ったけど

優しく寄り添ってみるから 今は

君らしく 笑って

I’ll save my life only for you.

だけどね 我儘言えば

君に好きって言われたい

曖昧なままの関係に

期待したり 不安だったり

今はこの距離でも良い でもね

小さい事だって良いから

二人だけの約束しよう

それだけで充分だから

明日には 何か変わるかな

指先が触れそうな距離に君が居るけど

消えそうな危うさは要らない

もっと近付きたい 本当は

君を好きになったあの季節は

雨すら知らなくて

心が遠く離れた時

愛が何かを知っていくの

気付いてほしかった涙

諦めきれない夢もあるけど

こうやって一つ 大人になって

軋んだ胸も 時間(とき)に運ばれて

雨上がりの空が広がってる

見返りとかじゃないんだ

幸せにしてもらう未来でもない

僕の望みは 確かな今を繋ぎたいんだ

今まで何度

もういいかなって 手離そうかって

そんな事思ったかな

でもまた僕は こんなに強く

君の眼に 心に 惹かれるんだ

揺るがない この愛で 進もう ずっと

笑い合う明日へ