月曜日の歌

途方に暮れた部屋の中

味もしなくなった僕の体

君を見るだけ悲しくなって

沈む世界に僕は目を閉じる

ここじゃ

抱えきれない人ゴミと

溢れんばかりの命の歌

話もしないで忘れられちゃって

2人おもちゃのような物語

僕ら

絶対的ヒーロー

夢は覚めずに

叫ぶ情緒

何もないけど誰も居ない

この町で

「サヨナラまた会いましょ」

まさに今こそ

簡単な事じゃない

僕ら傷だらけになったばかり

明日は臆病で素敵な月曜日の歌

曖昧な事じゃない

街は君を奪い去り逃避行

夜は鈍感で静かな僕は歩いて帰る

荒んだ僕を抱きしめて

瞼の裏に潜むこの気持ち

怖くないから手を繋いでよ

本当の事が喋れない

だけど

産まれてくるメロディには

何故か君との懐かしき日々が

脳裏を突いて優しく包んだ

今日も素敵な曇り空の下

胸に

退廃した根性

灯る事ないがそれで上等

期待外れに煌めいた

僕の正義

「いつでも忘れていいから」

健全な人間さ

「僕も泣きたい時があるんだよ」

いつも

戦ってばかりの主人公の謳歌

残念な事だらけ

それでも僕ら嘘をつき笑う

馬鹿さ

謙遜で孤独な僕達は夢を見る

心に映る天気予報は

「にわか雨です

傘を持ちましょう」

それに明日は

祝日なので

1人ぼっちの

僕はお留守番

故に激動

愛を込めて

泣いているのに

気づかれないの

恵まれ生きた

全ての人に

だけどいつか

忘れてしまうでしょう?

1人で歌う

月曜日の歌