ねぶた祭り

ねぶた灯篭 炎がともり

町の眠りを 突き破る

生きるはじける ひかりがうねる

目抜き通りを 山車はゆく

さあさ 今年も ねぶただ ねぶただ

眠るな 北の夜

港 花火が 夜空を焦がす

ここは津軽の 夢のさと

笑顔飛び交う 祭りの夜は

揃い浴衣が 咲き乱れ

さあさ 今年も ねぶただ ねぶただ

太鼓を打ち鳴らせ

願う幸せ すべての人に

跳ねる若さと 老いの知恵

北の町にも 真夏がめぐり

秋の実りを 連れてくる

さあさ 今年も ねぶただ ねぶただ

あっぱれ 日本一