与太郎時空伝

村の祭りで踊っていたら、

大きな穴に落っこちた…

「あれ~」

遠いお江戸の与太郎さんが

気がつきゃここは 東京だとさ

ご隠居 与太郎 ふたりとも

自動車なんかは 見たことない

ここは どこじゃ お江戸は どこじゃ?!

ここは どこじゃ まつりは どこじゃ?!

タヌキのしわざか キツネのせいか

お江戸はどこじゃと 大あわて

「ね、ねっ、ねぇ~ご隠居~

あのでっけぇのは、

火の見やぐらでしょうかねぇ」

「そこの娘っ子に聞いたら

“すかいつりい”とか言うそうじゃ」

「す・か・い・つ・り・い!?」

「この武蔵国(くに)で一番高い建物だそうじゃ」

「ほぉ~立派だぁ!! よっ、あっぱれ!!」

あれはお城か いくつもあるぞ

でっかい空に 飛ぶのは鳥か

ご隠居 与太郎 ふたりとも

飛行機なんかは 見たことない

ここは どこじゃ お江戸は どこじゃ?!

ここは どこじゃ まつりは どこじゃ?!

そこ行く浴衣の かわいい子供

お江戸は近いか ついて行く

「あの~おじょうちゃん!!

ちょいと、お尋ねしますが

お江戸に行くには、

どの道を行けばいいんだい?!」

「おじちゃん!そのちょんまげホンモノ?!

テレビの撮影…?」

「こらこら、

そう引っ張るんじゃねぇよ~

ご隠居~この国の老若男女…

みんなアレですから、

とっとと、もうアレしましょうぜ!!

さあさあ行きましょう~」

ここは どこじゃ お江戸は どこじゃ?!

ここは どこじゃ まつりは どこじゃ?!

どこから聞こえる 笛の音・太鼓

お祭りめざして そら走れ

ここは どこじゃ お江戸は どこじゃ?!

ここは どこじゃ まつりは どこじゃ?!

神社があったよ 花火もあがる

踊ればなんとか なりそうだ

「ご隠居~…何やらいい匂いが…

お腹すいてきましたねぇ~」

「ではそろそろ、

お江戸に帰るとしますか…」

「えぇ~、帰れるの???」

「あれ~」