バラと東京

いま以上 これ以上って やさしい人を押しのけて

手にしたものは いびつで鼻につくちんけな東京

まだ懲りずに欲張って転んで 生きることの意味ばかり追いかけ喘いでる

夕暮れにバラの香り あなたが笑った 遠い夏の日

あぁ花は花として ただ凛と咲いて 咲いているのに

あるがままを頷けずに 自分をまだ愛せぬまま

暮らしを秤にかけて 片目をつむって歩いてる

それらしい理由も心を騙せないと知りながらも

促される答えよりなぜ 遠回りや間違い選んでしまうのだろう

慎ましく今日を愛して 触れられる幸せ 気付けるように

穏やかに誰かのために 力をそっと貸せるように

汗を流そう涙ぬぐって 自分をまだ諦めない

夕暮れにバラの香り あなたの幸せ願っているよ

人も街も変わって行くから 思い出が胸を胸をくすぐるの

夕暮れにバラの香り あなたと笑った 遠い夏の日

あぁ花は花として ただ凛と咲いて 咲いているのに

あるがままを頷けずに 自分をまだ愛せぬまま