毒の王子さま (ぽいずにゃ~しんどろーむ ver.)

君が抱えてる心の傷口に、

優しいふりの嘘を擦り込んでく。

疑いもせずに、偽善だとも知らずに、

依存[よりそ]うことが、君の生きがい。

ずるり、どろり、引き摺り込んで、

戻れない底へ堕としてあげる。

いつか君が僕だけ求愛[もとめ]て、

哭く姿を見てみたい。

君が望むなら、僕は王子さま。

目覚めのキスなら、毒入りの愛で。

騙してあげるよ、楽になれるなら。

嘘は毒にも薬にもなる。

だから、悪くはないでしょう?

君が不安がる虚ろな関係も、

僕はきつく口虚[うそ]で縫い合わせる。

気付かなくていい。本当のことなんて。

知らない嘘は、無いのと同じ。

するり、とろり、飲みやすいように、

甘く溶解[とか]した薬みたいだ。

まるでお菓子のように見せかけて、

君に口うつす偽薬。

僕との夜だけ、君はお姫さま。

ガラスの靴履き、死ぬまで舞踏[ダンス]を。

愛してあげるよ、苦しまないように。

嘘は何より君を救える。

誰が僕を咎めるの?

清く正しい真実の方が、

よほど残酷な毒になるでしょ。

午前0時、眠れないほどに、

生息[いき]ることに怯えている。

毒はどちら?

君が望むなら、僕は王子さま。

目覚めのキスなら、毒入りの愛で。

演じてあげるよ、魔法が解けるまで。

僕は毒でも薬でもいい。

それも悪くはない。

嘘つきな、毒の王子さま。

夢を語らずに、現を騙るけれど。

僕だけに君は咲[わら]う。

それだけは嘘じゃない真実。

だから、悪くはないでしょう?

それでいいよ。