毒杯スワロウ (ぽいずにゃ~しんどろーむ ver.)

誂えた業に乗せ

ひっそりと爪を研いでいる

煙さえ我が物に

香り纏わせお前のように

この躰のどこかに

産まれ持っていたなら

何者にも食せぬ 毒 毒 毒

如何様な美味さかと

嗅ぎ回られもしようが

喉から手が出るほど 毒 毒 毒

ああ 斜に斜にと

構えていた諸刃の剣

切っ先に立って じっといられるのなら

望むがいい

スワロウ スワロウ

その吻で

淵く患った病を

求め啄ばむ

願うまま棘を 着こなせればと

いがらがかる喉を鳴らす

何食わぬ貌にさえ

こっそり牙を宿していたい

齧りつき 平らげて

吼えてはみても お前のようには

その腕の何処に 隠し持っていたのか

腸をも溶かせる 毒 毒 毒

悪しざまに噂をと 欹てられもしようが

生唾滴るほど 毒 毒 毒

ああ 善かれ良かれと

噤んでいた 数多の毒杯

最果てに座して 引導を渡せるのなら

零すがいい

スワロウ スワロウ

ただ飢えては

甚く毛羽立った憂いも

舌で転がす

背負うまま呪いごと 羽撃ければと

指を咥え見ているか?

今日も今日とて

口許に修羅を塗りたくる

スワロウ スワロウ

まだ耳元で

昏く泥濘んだ迷いも

束の間の影

思うまま綺麗ごと 抱き締めればと

地べたを這う世界が 哭き止まぬまま

スワロウ スワロウ

その吻で

淵く患った病を

求め啄ばむ

願うまま棘を 着こなせればと

いがらがかる喉を 鳴らす