琥珀糖

甘いものから

消えてなくなってく

淡い水彩の色

くたびれた栞

左利きの猫

優しいふりしてる

いないいないの最中に

見失った私

妄想で繋ぐ存在と

いつか本当の君の正体を

覗くファインダーに

映る心臓に手が触れるまで

君にひとつだけあげる

きらきらひかる長い夜に

足をすべらせて落ちていくだけ

体が溶け出していく

琥珀の粒飲み込む

このまま漂っていたい

崩れてく街 朝には私

目が覚めて

吐き気がする

悪い夢なら

試したいの

誰にも言えない

別の私

終わらない

このまま

色付いて恥じらい

痛い痛い気が付けば

鏡の中で溺れる

君にひとつだけあげる

きらきらひかる長い夜に

足を滑らせて落ちていくだけ

体が溶け出していく

琥珀の粒飲み込む

このまま漂っていたい

夕暮れのマジック

見慣れた形

絵に描いた

宝石のよう

君にひとつだけあげる

きらきらひかる長い夜に

足をすべらせて落ちていくだけ

体が溶け出していく

琥珀の粒飲み込む

このまま漂っていたい

薄れてく味

少し苦くて

甘くて

吐き気がする