藤田麻衣子 – どこまで行けば 歌詞

SHARE

好す きなこと
いつも 夢中むちゅう だった
何なん にもなくても
それだけで 走はし れた

いつからか
求もと められることに
応こた えられるような
自分じぶん になろうと 思おも った

見上みあ げれば きりがなく
どこまで 行い けば
この 心こころ は 満み たされるの

いくつもの
分岐点ぶんきてん があった
どれも 自分じぶん で
選えら んできた 道みち

登のぼ っても
登のぼ ってるつもりでも
振ふ り 返かえ るたび
平坦へいたん な 道みち がそこに

恵めぐ まれていることさえ
見失みうしな ってしまいそう
心こころ が 帰かえ る 場所ばしょ は
いつも 孤独こどく

背負せお いきれぬものを 背負せお い
歩ある いているのは
きっと 私わたし だけじゃない
みんな 同おな じ

見上みあ げれば きりがなく
どこまで 行い けば
この 心こころ は 安やす らげるの
いつか いつか きっと

How do you rate these lyrics ?