誰も何もみてないしばれない

朝の公園のベンチの後ろにある花壇で揺れてる花の色の美しさ

何もみてないしばれない

誰も何もみてないしばれない

4時の鐘の音の終わりの音階はあなたのいびきと少しだけ似ているけど

何もみてないしばれない

傘の中にいたとき密かな熱と目をあわせてたこと全部嬉しがったこと

何もみてないしばれない

夜に寝てても誰も何もみてないしばれない

切り刻んでみても何もみてないしばれない

誰も何もみてないしばれない

「待つのに慣れた」

俺はそれをみてる悲しそうにきいてる不安そうな立ち仕草

何もみてないしばれない

誰も何もみてないしばれない