微熱煙 (Binetsuen)

[長瀬有花「微熱煙」歌詞]
@source: https://genius.com/Yuka-nagase-binetsu-kemuri-lyrics[Verse 1]

大げさな街の明かりが 生き急ぐ夜を浮かべる

さざめく雑踏の中で ろうそくは灯る[Interlude][Verse 2]

冷たいノイズの嵐を掻き分けて 夢を貪る

改札を抜けた先には お薬の匂い

[Chorus]

忘れないように

忘れないように

忘れないように

息を吸い込んだ

好きと嫌いのように

嘘と本音のように

裏と表のような 真実に近付いて

「苦いや」[Chorus]

思い出になったら 透明になったら

こびりついた東京の煙

思い出になるまで 記憶を離さないように

嘘は嘘のままに包み込んで

綺麗に泣かせて[Verse 3]

過剰な孤独に着替えて ほつれたボタンを飲み込む

誰にも言えない秘密を 香水で隠す[Pre-Chorus]

さよなら この世界へ

さよなら この時代へ

さよなら 永遠の街へ

失うものはいつだってあるさ

[Chorus]

思い出になったら 透明になったら

こびりついた東京の煙

思い出になるまで 記憶を離さないように

嘘は嘘のままに包み込んで

綺麗に逝かせて[Interlude][Chorus]

雲になった街を踊り続けよう 光が差すまで

水になった夢を想い続けよう 朝が焼けるまで

灰になった僕は笑い続けよう あなたが笑うまで

砂になった歌を愛し続けよう また思い出すまで[Interlude]

La-la-la-la-la-la-la-la

La-la-la-la-la-la-la-la

La-la-la-la-la-la-la-la

La-la-la-la-la-la-la-la

La-la-la-la-la-la-la-la

La-la-la-la-la-la-la-la

La-la-la-la-la-la-la-la[Outro]

大げさな街の明かりが 生き急ぐ夜を浮かべる

さざめく雑踏の中で ろうそくは灯り続ける