陰陽座 – 桜花忍法帖

SHARE

眼指(まなざ)しで 殺したい 絡む闇に 諍(あらが)う 念(おも)い
強く 両の眼に 宿して
情熱を 閉じ込めて 裏切れれば 泪(なみだ)は 要(い)らぬ
焼(く)べて 道ならぬ 番(つがい)を

咲き乱(みだ)る 花の哀れが 私語(ささめ)く
触れなば 堕(お)ちよ 無影(むよう)の 徒(あだ)と

桜の 宙(そら) あなたに響く 祈り
運命(さだめ)の 随(まま) ふたりを繋ぐ 雲路(くもじ)
結びかけた 指を 優しく 解けば
然(そ)う 少しずつ 彼(あ)の日に 還(かえ)る

愛しさを 殺したい 只(ただ) 無闇に 逆巻く 想い
酷く 遠き日と 紛(まが)えて
生滅(しょうめつ)を 翫(もてあそ)ぶ
企(くわだ)ちなら 慈眼(じげん)は要(い)らぬ
渾(すべ)て 音も無く 砕いて

聳(そび)え 征(ゆ)く 叢雲(むらくも)に待つ 魔道よ
残らず 爆(は)ぜよ 悔悟(かいご)を 抱いて

桜の 宙(そら) あなたに響く 祈り
運命(さだめ)の 随(まま) ふたりを繋ぐ 雲路(くもじ)
結びかけた 指を 優しく 解けば
然(そ)う 精神(こころ)だけ 彼(あ)の日に 還(かえ)る

帷(とばり)は 眼で下ろす 瞼の 夜を為(な)す
未(ま)だ 明ける 残花(ざんか)の 色を 視(み)よ
其(それ)は 必(かなら)じ 散るとも 逆(さか)う

桜の 宙(そら) あなたに響く 祈り
運命(さだめ)の 随(まま) ふたりを繋ぐ 雲路(くもじ)
結びかけた 指を 優しく 結べば
もう 戻れぬ 彼(あ)の樹(き)のもと

舞い落ちる 弔(とむら)い 殉(とな)う 花に
只(ただ) 閉じる 未練に怖(お)じる 心
愛を 湛(たた)う 矛で 此(こ)の盾を 打てば
然(そ)う 来(きた)る日が 桜に睡(ねむ)る

How do you rate these lyrics ?