風に預けて

忙しない街の上

雲が流れてく

時間を忘れたように

行き交う人の群れ

誰かのため息

晴れ渡る空に溶ける

立ち止まって

耳をすませば

微かに聴こえる

いつかのメロディー

行き先は風に預けて

水面の煌めく方へ

急がなくたっていい

いつだってここがゴール

君にしか見えないものが

一番大切なのさ

心動く瞬間を信じる

君は素敵だ

静かに揺れている

小さな木漏れ日

誰にも気付かれずに

行き交う人の群れ

誰かの微笑み

少し疲れてる横顔

何も持たずに

走り出すのさ

息が止まるような

景色の中を

行き先は風に任せて

光が差し込む方へ

帰れなくたっていい

行き着いたそこがゴール

君だけの輝きだから

誰にも内緒でいいのさ

心動く瞬間を信じる

君は素敵だ

行き先は風に預けて

水面の煌めく方へ

急がなくたっていい

いつだってここがゴール

君にしか見えないものが

一番大切なのさ

心動く瞬間を信じる

君は素敵だ