アンセムソング

全然平気じゃないって

漂う雰囲気に気付いて

いつだって時間はギリギリで

遊びたい食べたい寝てたいの三暗刻

もう日差しが強くて

瞼の裏赤く染まって

目覚めたハイエース踏み込むアクセル

昨日の反省流れるアンセムソング

文学的にはナンセンス

その言葉一つでも齷齪

訳ないめんどくさい興味もない

暇っていうほど余裕はないけれど

もう先に決めた予定

近づくと少し億劫で

そろそろ出るってどうせ嘘って

毛布くるまって何度目なんだよ

流行りは嫌いお飾りのスマイル

悲しいほど辛いとかさ

本当のところはどうなの?

言葉が詰まるのはさ

チラついてた

明かりの隙間に君の瞳が

潤んでいた

気がしていた

だから僕は歌を書くことにした

日々のことは歌わなくていい

生活の音の邪魔をしないように

難しいな君に本当を伝えるアンセムソング

重ねてしまったバッドテイク

それなりで許せないタイプです

考えばかりが頭巡って

きりきりギチギチ夢なら覚めてよ

妄想も大きくなって

割り切りお茶割りで流して

態度と言葉に毒が混じって

傷つけられたら泣きたい夜に戻る

埃被った

昔のアルバム僕が不機嫌な顔なのは

今の僕のせいだった

日々の先は覗かなくていい

選択の罠 今の憤り

騒がしいな不意に流れた

嫌いなアンセムソング

心が痛いのはさ

気が付いてた

誰かを傷つけた後生まれた

信じてとか

笑ってとか

言えなかったこと思い出すんだ

それでも歌う

大事だとか

それだけじゃ足りないこの想いを

育んでいた

抱きしめてた

だから僕は歌を書くことにした

君のことは知らないけれど

似たもの同士だよ本当に

難しいな君に本当を伝えるアンセムソング