Ripple Mark

星の砂敷き詰めた

小箱の隅で初めまして

揺るがされ転がされ

今じゃそんなこと分かっているって

言えるような夏の日の夢よ

永遠であれ

波に飛び乗って君とどこまで

歩いてゆけるまだまだ

信じていたって時にハラハラ

だけど離さないそこにマークがあるから

胸の岸辺は続けど

貝殻が刺さる裸足の裏

揺るがされ転がされ

未だに見失う時もある

記したんだ いつでも帰れるように

頷けるように

波に逆らって留まろうとも

足が届かない待って待って

肩に掴まって時にワガママ

だけど転ばないどこにリーフがあるかな

今さらわれていくうねりの中で

濁った先の目印

その手を伸ばして一つになる

波に飛び乗って君とどこまで

歩いてゆけるまだまだ

信じていたって時にハラハラ

だけど離さないそこにマークがあるから

波に飛び乗って君とどこまで

歩いてゆけるまだまだ

繋いでいたって時にサヨナラ

だけど終わらないそこにマークがあるから