Bicycle

草むらにブレーキかけて放っぽり投げた

タイヤごと青空向いて寝そべった

カラカラとチェーンの音と

笑い声交じってた

跨がればどこまでも遠くへ行けるような気がした

サドルが擦り切れても関係なかった

大事なものをいつもずっと乗っけてた

真っ白な眩しい日差し

まるであの頃のまま

Bicycle

今日からまた漕ぎ出せばいい

Bicycle

自分の脚でしか 進まない

もどかしく歯痒い人生を

踏みしめて

一回転 一回転 一回転

大きな背中のトラックを追いかけた

何の言葉も残さずにいってしまった

まだあなたを超えられずにいます

地図さえ必要ない自由で輝いた道と

時計を知らない無限の時を

一緒にいるだけで感じてた

まっさらな雲が一つ

また生まれてくる ほら

Bicycle

今日からまた漕ぎ出せばいい

Bicycle

自分で選ぶから かけがえない

もどかしく歯痒い人生を

抱きしめて

一回転 一回転 一回転

風を切って

虹を越えて

Bicycle

今日からまた漕ぎ出せばいい

Bicycle

自分の脚でしか 進まない

もどかしく歯痒い人生を

踏みしめて

何回転でも

Bicycle

今日からまた漕ぎ出せばいい

Bicycle

自分で選ぶから かけがえない

もどかしく歯痒い人生を

抱きしめて

一回転 一回転 一回転