同じ空の下で

何度でも口ずさむメロディ なんかとても大切な気がする

何度でも繰り返し歌う 君のその鼻歌のせい

何度でも口ずさむメロディ なんかとても曖昧な気がする

何度でも繰り返す内に 気づいたら変わっている

学んできた歴史も 明日には変わるかも

それならこの歌ごと 今日をここに記そう

何度でも歌うから 僕らは違うから惹かれ合うのさ

同じ空の下で

何度でも歌うから 僕らは孤独から求め合うのさ

そう何度でも 何度でも君と

何度でも口ずさむメロディ なんかとても大切な気がする

何度でも繰り返しては ほら胸が温かいや

何度でも明けていく空 何度でも吹き抜ける風

何度でも新しい今日 どんな今日も君に話そう

何度でも歌うから 僕らは違うから助け合うのさ

同じ空の下で

何度でも歌うから 僕らは孤独から見つけ出すのさ

そう何度でも 何度でも君を

歩んでいく未来も 明日には変わるかも

それなら笑い合える 今日を連れて進もう

何度でも歌うから 僕らは違うから惹かれ合うのさ

同じ空の下で

何度でも歌うから 僕らは孤独から求め合うのさ

そう何度でも 何度でも君と

君と