CYGNUS

碧き焔もゆる シグナスの夜へ

天翔ける星の祈り 輝ける氷の宙に

歩いていく 僕ら まるで永遠のように

離ればなれ 誰もかれも 愛しているのに

碧き焔もゆる ゆらり 揺らめいている

儚な命に咲くのか 掲げた未来は

翔ける翼の唸り 二度とない夜明けを飛び立て

張り裂けた胸に 失くしたひかりに

終わらない夢に 終わらない夜に

碧き焔もゆる ゆらり 揺らめいている

儚な命に咲くのか 掲げた未来は

碧き焔もゆる 憂い 嘆いている

儚な美麗に咲くのか 運命は 未来は

目覚めた あの日から

シグナスの夜へ