XANADU

遥か 彼方の音 華咲く 夜の向こうへ

悲しみが ほどけて 蝶に為って

ぐるぐる巡る廻る メリゴの木馬 ああ

煌めき 踊りながら 夢幻を魅せては

ほら 爛々 爛々 痛みを忘れていく

鬼さんコチラ こちら 手の鳴る方へ さあ

瞳を 開きながら 夢をみようか

そう 無限に 紡がれていく世界で

だから遠く 遠く 離れていても

心 奥底に 未来 かがやくなら

あなた どうか 孤独を消して

此処に 淡く 甘い ただひとつだけの詩を

遥か 彼方の音 華咲く 夜の向こうへ

悲しみが ほどけて 宙に舞って

幽か 数多の音 切り裂く その向こうへ

鮮やかだ 心 奪い去って

どこか遠く 遠く 離れていても

心 奥底に 光 かがやくなら

あなた どうか 孤独を消して

此処に 淡く 甘い ただひとつだけの詩を

僅か 輝いて 天駆け 星と為れ

聞こえるか その胸に 届け

遥か 彼方の音 華咲く 夜の向こうへ

悲しみが ほどけて 宙に舞って

幽か 数多の音 切り裂く その向こうへ

鮮やかだ 心 奪い去って

あなたに逢うために いま 歌うよ

瞬き 狂えるように この孤独を