君とサルビア (He said)

僕たちはいい大人になって

まだ愛おしみたくて

曖昧を問いただそうとすらしなかった

久しぶりのデート 浴衣の君の儚さに見惚れ

横顔 その姿 残したい 永遠に

きらきらする星と しゃらしゃら歩く君

まだまだ見ていたいよ

ずっと二人で そう来年も

僕たちはいい大人になって

まだ愛おしみたくて

曖昧を問いただそうとすらしなかった

サルビアの花火が空に鳴いて

何も聞こえなくなって

愛情と思い出と声と夢と約束と

りんご飴をねだる無邪気な子どもたちが目に留まる

きっと僕らだって昔はこうだったよね

さらさらわたる風 ふわふわしてる僕

まだまだ歩いていたい

ずっと二人で 再来年も

真実はずっと頼りなくて

それでも愛し合いたくて

大概の言い訳を聞かせてきた

サルビアの花火が空に枯れて

何も見えなくなって

最高の一言 探してる

まだ解らないフリをしてたんだ

だけど今日でやめにするよ

今まで勇気のない僕は何もしなかった

僕たちはいい大人になって

まだ愛おしみたくて

曖昧を問いただそうとすらしなかった

サルビアの花火が空に溢れ

今ここで言いたいんだ

最愛の結末がこうなったらいいのにな

夏が始まる 夢が瞬く

夏が瞬く 夢が始まる