君がもし

知らない街のどこかで大きな花火が鳴った

僕の想いも一緒に爆ぜた

そんな優しい顔をして

あの日僕に言ったこと

嘘じゃないと思ってた

Ah 今でも少し

思い出すんだ

どんなに遠くにいても

君がもし近くにいたとしたなら

僕がもし間違えないでいられたなら

約束を記憶の中にしまったまま

月が綺麗だ あの夜と同じ その手を放すんだ

いつも空っぽな僕の心を

君で満たしていくたびに虚しくなって

あの夜僕に言ったこと

それさえ全部嘘だってことも

もうわかってる

君を忘れないように

描いた歌も

それさえ思い出せずに

君がもし遠くへ行きたいのなら

僕がもし強くいられたのだったら

目と目あった、月が綺麗なあの夜から

この瞬間は決まっていたんだ

さようなら僕の綺麗な月