はぐれ雲

はぐれ雲と彷徨う

一人では転べない僕

走り出す呼吸 鼓動 仕草

見ていてほしい

牧場へたどり着いた

⽺すら目もくれない花

重ねては寝付けない夜を

責めては吐いた

穏やかな朝露が溶け

滲むような蒼い瞳

心を透かし連れゆく

蝶や花 空気まで

踊りあって抱き笑おう

ぴったりと寄り添う足音

砂煙舞う中で僕ら二人

見つめあっていた

はねのけた布団の数

数えては恥ずかしくもなる

わからずやのため

流させた涙を知る

気づいて走る

畦道の向こうにある

はだけた空

子供の頃に求めていた言葉の

色だろう

はぐれ雲と彷徨う

一人では転べない僕

走り出す呼吸 鼓動 仕草

見ていてほしい