poyon

身も心も不定休 止まらず走ってたいけど

そうも行かないよ to my friends

肩に落ちた雨粒が重すぎて嫌になる

穴のない傘を貸してくれないか

あげちゃうきみに三日天下くらいなら

新しいものだけを大事にしないで

いつかの自分が 全部 ときめいたものなんでしょう

お似合いね 痺れるわ

悔しさやほんの些細な好奇心で

顔を出したその芽を守り育ててくのさ

いっそ何か奪っていってごらんよ

どうせそれが新しい縁を結ぶのだから

身も心も不定休 止まらず走ってたいけど

そうも行かないよ to my friends

肩に落ちた雨粒が重すぎて嫌になる

穴のない傘を貸してくれないか

⼝を開くとわかる自分の弱さ

人に願う暇があるなら歩こう歩こう

不意に聞いたり見たり知ったりして

またぐったりするくらいなら

思い出そうよ 大事にしてたものを

それでもちょっと悲しい雨が止まないと

嘘つきの旋律を歌い奏でるきみ

ちょっとぐらいはまともなことを言いなよ

どうかしてたぜって横で笑いとばしてやる

身も心も不定休 止まらず走ってたいけど

そうも行かないよ to my friends

肩に落ちた雨粒が重すぎて嫌になる

穴のない傘を貸してくれないか