wan-tan

撮して写してく今日も 疲れたらあの部屋集合

ほんとはね、なんて言うけど

実際みんなわかってるような話をする

午前3時 ありきたりなゲーム

扱い慣れた日々は窮屈でも

それが今を(今を)

特別な時間に変えてくれる

うっすら下から漏れ聞こえるビート

久々の再会を祝うような振動

嬉しいも悲しいもこの夜に任せて

だんだん大きくなる声

すっと雲を飲み込んだ感覚

すると心に流れだす風景

すっとすする さすれば

同じ温度で泣ける気がするから

聞かせて

重ねて揃えてく歩調 季節外れの半袖でlet go

マリヤシェイク⽚手に向かう竹富

ソウルフードが名残惜しい帰り道

どうせ同じ場所に辿り着くなら

一番美しい道を通っていこう

ご名答的なフォーメーション

確かめたいよこのグルーヴの先を

あそこにはなかったものが全部あるの

悔しくてやめられない愛溢れて

嬉しいも悲しいもこの音に任せて

だんだん大きくなる声

すっと雲を飲み込んだ感覚

すると心に流れだす風景

すっとすする さすれば

同じ温度で泣ける気がするから

聞かせて