The Fox and The Grapes

春風が香る街中で

平然を飾って匿う素顔

横目で笑い自惚れて

勝ち誇ったように殻にこもるの

深夜 ふと浮かべる

鮮やかな世界には

光と陰があって

ロクなモノじゃない

day by day 重ねてゆく

ありふれた日常の中

嘘ついて黙らせる

ココロ カラダ スベテ

終わりのない想いも

ゆずれない願いも

夢見ては「くだらない」と呟くの

傲慢な腫れ物注意

心で育ってく悪魔の声

愛と憎しみは

表と裏だから

手に入れても つらいだけ

ロクなモノじゃない

day by day 重ねてゆく

ありふれた日常の中

嘘ついて黙らせる

ココロ カラダ スベテ

終わりのない想いも

ゆずれない願いも

手を伸ばし「届かない…」と呟くの

だけど近づきたい

届きそうな叶わない夢

day by day 重ねてゆく

ありふれた日常の中

嘘ついて黙らせた

ココロ カラダ スベテ

解き放て 未来に

一筋の光に

手を伸ばし「叶えたい…」と呟いた