千夜祭

空遠くに鳴く花火を 疎み合った

本当に貧しかったのは 心だろう

歩き疲れたかい

その孤独さえ その悲劇さえ

叫び合えば それも歌だ

何もなけりゃ 其処にいない筈さ

ヨイヤサ ラッセラ ソイヤサ

その重荷は 一人で担ぐのか

その痛みは ひとりでに癒えるのか

ヨイヤサ ラッセラ ソイヤサ

集うは 祭囃子の音(ね)

兄弟

笑えているか

ちゃんと 怒っているか

遠く 違えた夏の日を 許し合わないか

兄弟

お前は光だ 一度きりの光だ

命は祭りさ 夜を灯そう

また 会えたろ

茜色 風が そっと汗を撫でた

壊れかけの街燈が瞬いた

夢は苦しいかい

その矛盾こそ

その無謀こそ

物語に相応しいさ

迷えよ 気の済むまで

兄弟

覚えているか

熱風みたいな日々を

渇いた喉 震わせ

転び合った日を

兄弟

あれは 幻想か

まぼろしって言えるか

この身体に残るハレの火を

あの火花を

消えるな 祭囃子の音

兄弟

笑えているか

ちゃんと 怒っているか

遠く違えた夏の日を 救いに行かないか

兄弟

お前は光だ 一生物の光だ

命は祭りさ 夜を灯そう

連れ去り合おう

花火を見よう