Pianissimo

少しだけ広がった空に横切る虹を見上げ

ひとつ欠けた色を探した

思い出そうとしていたんだ

どこにでもあるような場所でさ

どこにもないような記憶を

求めたりしてるんだ

雨上がりの境界線で

いつか夢描いた

気が遠くなる程

喜び勇めよ

誰の為でもなくて僕の為だけに

生きてみるのもそんなに悪くないだろ

胸に残っている小さなメロディー

今の僕には新しい道となる

柔らかく押す黒鍵の響き

聴き覚えのある浮かんだ音に

心が応えたなら間違っちゃいない

素晴らしいことだって

何も変わらない毎日の中

どこか変わりたいと自分を見つめた時に

振り返ることだけはしないでおこうか

そうさ願いだって

僕を待っているから

明日をさあ讃えよう

与えられるものだけ追いかけてみても

理想にたどり着くにはほど遠いから

強く願うこと諦めないこと

自分の意志が呼ぶ声に応えていこう

足りない色を得た虹は満足気に揺れて

心に滲むように優しく消えていく

誰の為でもなくて僕の為だけに

生きてみるのもそんなに悪くないだろ

胸に残っている小さなメロディー

今の僕には新しい道となる

長く果てしない旅の途中

まだきっと